男性看護師の活躍

子どもからお年寄りにいたるまで馴染み深い「看護師」ですが、看護師は一昔前までは「看護婦」と呼ばれていました。
看護婦と呼ばれていたように、看護師の仕事は女性するものと考えられていたからなのです。
しかし、今では男性看護師の数もどんどん増えています。
病院などで、活躍する男性看護師を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
男性看護師は、患者さんをベッドへ移したり、歩行の補助をしたりなどの力仕事が必要なときに大活躍です。
また、男性の入院患者からは男性の看護師による看護を希望する声も多くあり、男性看護師の存在は大変重要になってきています。
男性看護師の配属先は、手術室、精神科、透析室、救命センターなどが主流でしたが、最近は産婦人科を除く全ての科において男性看護師が活躍しています。
効果的なお仕事探しとは


はんこのよもやま話~1000円札~

1000円札といえば、(誰もが知っているように)表に夏目漱石が描かれています。
では、この1000円札の表裏にはんこの印影が押されていることをご存知でしょうか。
(※しかも、表裏別々の印影が押されているのです。)
実は表には「総裁之印」、裏には「発券局長」が押されているのです。
そして、そのどちらも「てん書体」という書体で作成されています。。
さらに表側の「てん書体」は「印てん」/裏側の「てん書体」は「小てん」と呼ばれ、それぞれ違う時代に考案された書体なのです。
普段何気なく使っている1000円札ですが、そんなお札にも印鑑の歴史が刻まれているのです。
時間があれば是非一度、1000円札に押されている印影をチェックしてみてください。


特定保健指導員

保健師の資格を取得すると、特定保健指導員という職種に就くことができます。
いったい、特定保健指導員とはどのような仕事をするのでしょうか。
地方自治体や大手企業の健康保険組合等々が勤務先となる特定保健指導員は、ある検診に引っかかった被保険者を対象に保健指導をします。
ある検診とは、「メタボ検診」です。
ちなみにt億艇保険指導員の求人はこちらで探せます。

特定保健指導員は、保健師以外に正看護師/管理栄養士の資格を持った人もなることができます。

キャリアアップのための転職でやるべきこと

転職をするためにはさまざまなやり方がありますが、自分自身のキャリアアップのために新しい勤め先を見つけるためには、目標意識をしっかり持っていることが大切です。
単純に勤め先を変えるだけではなく、自分たちで職場を変えたことによって何をしたいのか、どんなスキルをアップさせたいのかを明確にしておくことで、新たな勤務先を見つけることにつながります。
自分自身でどんなことができるのか、職場を別のところにしたことによってどんな資格を手に入れることができるのか、どんな形でプロジェクトなどに影響を与えて成功に導くことができるのかをはっきり説明できる人が、新たな職場で勤務できる可能性が高まります。
そのため、インターネットで希望している転職先を見つけるために、専門サイトを活用しておき、資料請求や申し込みなどにおいてきちんと行うことによって、より相手に好感を持ってもらい、職場を変えたことによるメリットを享受しやすくなるといえるでしょう。

関連記事一覧

契約の際必ず必要になるのが印鑑。ネットで人気の印鑑作成サイトが便利です。

文化庁が提供する著作権の契約書のひながたです。

著作権契約書作成支援システム